プロラボならこんなお悩み
が解決できます

プロラボならたった3ヶ月!

社員の成長を促すスクールです。

当スクールは教室を「学校」ではなく「現場」として捉えています。
「現場で学び、実践を通して経験を積む」-これを目標としてカリキュラムを組んでおります。
「Rubyの知識を身につける」ではなく「Rubyを使って仕事が出来る」エンジニアの育成を目指しております。

カリキュラムはコンピュータの基礎知識から始まり、データベースの知識やRubyでの製造のみならず
バージョン管理ツールの使い方や、各設計書の作成の仕方、テスト実施、プレゼンテーションと
現場での開発工程に近いカリキュラムを組んでおります。

3カ月目にはチーム体制を組み、現場さながらのチーム単位での製造を体験します。
チームで製造を体験することにより、より実践的な経験を積んでいただきます。
Rubyの知識だけでなく、コミュニケーション、主体性についても学んでいただき、
スクール卒業後に現場で活躍できるエンジニアの育成目指しております。

プロジェクトに参加したことのないメンバーは「何をすればよいのか」がわかりません。

詳しいカリキュラム

プロラボ受講料

3ヶ月(講義・実践)で450,000

1か月あたり150,000円

※上記は特別割引料金となります。通常価格:200,000円/月

「特別育成訓練コース」の場合・・・

プロラボ受講料

3ヶ月(講義・実践)で450,000

1か月あたり150,000円

※上記は特別割引料金となります。通常価格:200,000円/月

「特定訓練コース」の場合・・・

低コストで断然お得!!

プロラボは低コスト
断然お得です!

プロラボの受講料
1カ月(講義・実践)で150,000
※上記は特別割引料金となります。通常価格:200,000円
A社 3日間
(講義・実践)
162,000
B社 3日間
(講義のみ)
93,000
C社 5日間
(講義・実践)
100,000

キャリアアップ助成金が使える!

「人材育成コース」の場合・・・
研修費用
(150,000円/月)
450,000円
経費助成
※対象労働者1人あたりの上限額
訓練時間数200時間以上
300,000円
(大企業:200,000円)
賃金助成
(20日の場合)
364,800円
※研修時間(8h)×760円×20日×3ヶ月
(中小企業;760円・大企業;475円)
助成額合計 664,800円
差 額 184,800円

人材開発支援助成金が使える!

「人材開発支援助成金」の場合・・・
研修費用
(150,000円/月)
450,000円
経費助成(45%)
※対象労働者1人あたりの上限額
訓練時間数200時間以上
202,500円
(大企業30%:135,000円)
賃金助成
(20日の場合)
364,800円
※研修時間(8h)×760円×20日×3ヶ月
(中小企業;760円・大企業;380円)
助成額合計 567,300円
差 額 117,300円

お問い合わせはこちら

プロラボ3つの特徴

  • 1

    1授業10人程度の少人数制

    1授業10人程度の少人数制

  • 2

    短期間での育成を目指します

    短期間での育成を目指します

  • 3

    短期間での育成を目指します

    低コストで費用対効果を重視

もっと詳しく